「金屋町楽市inさまのこ」を盛り上げタイv(。・ω・。)ィェィ♪
2009年10月24日25日に 富山県高岡市金屋町で開催される 「金屋町楽市inさまのこ」というイベントを応援するブログです!
プロフィール

金屋町楽市盛り上げタイ♪

Author:金屋町楽市盛り上げタイ♪
富山大学芸術文化学部学生です!
これから「金屋町」やこの「金屋町楽市インさまのこ」の魅力をどしどし紹介していきたいと思います!
鋳物、ガラス、陶磁器などの工芸品。
金屋町が誇る千本格子の町並み。
藪内流、表千家、裏千家が集結するお茶会などで桃山時代のにぎわいを感じさせるイベントになる予定です(*´∀`*)
このブログを読んで「金屋町楽市inさまのこ」に興味を持って頂き、更に足を運んで頂けたら嬉しいです♪

■主な参加予定者■
橋本夕紀夫
吉岡徳仁
隈研吾
今泉今右衛門
中村信喬
大樋年雄
伊東順二
貴志雅樹
武山良三
横山天心
野田雄一
相川繁隆
高川昭良



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



カテゴリ



FC2カウンター

カウンター

カウンター



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



QRコード

QRコード



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実行委員長・伊東順二先生へのインタビュー!!
今日は伊東順二先生にお時間を頂いてインタビューをしてきました
質問事項は

Q1.金屋町楽市inさまのことは
Q2.昨年の「金屋町楽市」との違いは
Q3.開催に向けての意気込み

の3つです
では、インタビューの様子をご覧ください


金屋町楽市inさまのこ実行委員長伊東順二先生へのインタビュー


インタビューの内容を抜粋したものを以下に記載します


A1.工芸生活の中から生まれた美!その美の再認識。

現代の生活から離れた工芸
生活の中から生まれた美として再認識してもらうために、工芸の生まれた金屋町の町屋の街並みの中でもう一度考えてもらおう。
金屋町の住民の方々からもう一度自分たちの祭りとして育てていきたいという希望からそれまで開催されていたさまのこフェスタと合体して「金屋町楽市inさまのこ」として開催される。


A2.一番の違いは規模が2倍になったこと!

展示会場として使えるようになったのが昨年の10軒から20軒に!!
単純に考えて規模は2倍。
また町全体のお祭りという方向付けのために様々な催しが行われることに。
金屋町が生まれた桃山時代から元禄時代
その時代の風俗を現代化した形でつたえよう!
ファッション・音楽・屋台・音楽に町中の人が参加することで町が一体化する


A3.楽しくて意味のある楽美しい祭りを目指す!!

技術面・美という面で古いものから新しいものを生み出す。
そこで隈研吾さん、ご協力のアルミブロックも新たしいバージョンを発表!
昨年もご協力頂いた、今泉今右衛門さん、緒方慎一郎さんに加え吉岡徳二さん、橋本夕紀生さんも参加!
より幅広い、日本の総力を挙げたといえるクリエイターの方々と、「金屋町楽市inさまのこ」で日本の工芸の美しさと現代性を訴えていきたい!!


ユーチューブでご覧になりたい方はこちら↓↓
YouTube伊東順二先生インタビュー動画

伊東順二先生のこれまでのお仕事や今やられている活動はコチラから
スポンサーサイト

テーマ:富山 - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://kanayamachi.blog54.fc2.com/tb.php/18-80c07898


にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 高岡情報へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ 人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。